友人からお金借りる場合の注意

友人からお金を拝借する場合注意する点として、借金についての期日を明確に話しておく事が必須条件でしょう。

返済が滞った事で急に逃げたり、いつまで待っても借りたお金を返さないと友人をなくします。

借金は、必ず全額を決められた日までに返済するという意識がどうしてもいります。

返済方法(即日融資)はそれぞれのネットローン業者によって様々ですが、ATMから返す方法が選べたり、銀行振り込みで行ったり、あるいは口座引き落としなどそういった方法がだいたいある方法ではないでしょうか。

口座引き落としでの返済は、うっかり返済し忘れることがなく確実ですが、口座残高に返済分の余裕がなければ、その気はなくても延滞になることになります。

即日融資は正社員でなければできないように思われがちですが、アルバイトやパートの方でも収入があればお金を借りられます。

雇用形態を問わず、毎月一定の収入があると認められさえすれば、月々の返済がきちんとできるとみなされるため、審査に通り、お金を借りることができるのです。

でも、自分の返済能力に見合った範囲でカードローンをしないと、返済ができずに困ってしまう人もいます。

手軽に借りれたからとつい忘れがちですが、キャッシングは借金なので、お金を返せずにいると高い利息がついたり、督促がきたりと大変なことになりかねません。




3社以上の会社から借入がある場合


キャッシングで他社からの借入が多めにある人は注意する必要があります。

既に3社以上の異なる会社から借入がある場合は、お金を借りるを申し込んだとしても審査に通りたくとも無理な可能性が高くなり得ます。

直近の審査では、申し込みした人の信用情報のチェックをしっかりと厳正に行われる傾向が増えてきているのです。

簡単にキャッシングをするのはなるべく避けた方がいいですね。

定職についてさえいれば、簡単に返せると思うのは甘すぎます。

肝心の仕事さえも奪ってしまうのがお金が返せなかった時の取り立てなんです。

勤務先にかかってくる、取り立てと分かる電話により周りに借金を知られてしまって居づらくなり退職せざるを得なかった人をいっぱい知っています。

カードローンで借りていたお金を毎月、返していっています。

ところが先月は、銀行口座に入金することを色々あって、忘れてしまっていました。

ネットローン会社の担当者から電話があって、返済について、確認されました。

あくまでうっかりしていただけでお金がなかったのではないことを一生懸命、説明しました。

当然、自分が悪いからですが、遅延損害金を払うことになってしまいました。